虫歯の治療方法

むし歯が歯の表層に限られる場合は、削らず再石灰化されるよう促します。
むし歯が大きくなった場合は、歯を削り、詰め物やかぶせものをつける治療を行います。
むし歯がさらに進行して歯の内部に及ぶ場合は、歯の神経を除去する必要があります。その場合の多くは土台をたててかぶせ物をする治療が必要になります。

歯周病(歯槽膿漏)

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し歯肉の辺縁が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりしますが痛みはほとんどの場合ありません。

さらに進行すると膿がでたり歯が動揺してきて、最後には歯を抜かなければならなくなってしまいます。

歯周治療の流れ